大分からの引越し

私は、初めての一人暮らしが大学の進学の時でした。大学入学前はもちろん実家暮らしでしたので、引越しの準備は母親にかなり手伝ってもらい、自分でやった作業といえば、衣類や雑貨を段ボール詰めしたくらいでした。初めての一人暮らしでしたので、大きな家具や電化製品などは、学生用のものを買い揃えてもらい、宅急便での引越しという形だったので、引越しの作業自体はあまり必要ありませんでした。

しかし、大学卒業後の引越しは大変だったのを覚えています。大学卒業後、就職は決まっていましたし、勤務先の寮に入ることが決まっていました。 ところが、新しい住居になるはずの寮が、引越し時点ではまだ教えてもらえず、入社後の2週間の新入社員研修後しか入れないという状態だったのです。 大学は大分県で、就職先は福岡県、そして実家は長崎県といった感じで、九州内とはいえ3つの県を行き来しながら引越しの準備を進めなければならず、本当に大変でした。 普通に考えれば大分から長崎へ1度荷物を運び、長崎から今度は福岡へ荷物を運ぶ…という流れでしょうが、3週間くらいの間に2度も引越しをしなければいけないのが、なんとなく納得できませんでした。

引越しの作業が大変なのはもちろん、当然費用も2倍かかるからです。 そこで、引越し業者の方に相談をしました。荷物一時預かりの形をとって、大分か福岡で3週間くらい保管してもらい、新住所の方へ荷物を運んでもらえないか尋ねてみました。すると、そういうサービスもあるにはあるが、私の場合、新住所が引越しの時点で未定状態だったので、引越し元の大分の住所だけでは、荷物を預かれないと言われてしまいました。

しかも、荷物預かりにも費用は別途かかるということで、しぶしぶ2度の引越しをせざるを得ませんでした。とはいえ、2回分を同じ引越し業者にお願いすることで多少割り引いてもらい、大きな荷物の梱包などはそのままにしておくことで、費用を削減できました。